GWその2(/≧o≦\)やってもうた~!!

2015年5月1日(金)

今日は1日フリーなんで妄想してたルートに行くで~!

4時半の目覚ましで起きるがとっても嫌な夢を見てた。
なんかいや~な予感がするけど多分今日しかないし決行!!
いつもはこんな感じの時は勇気ある撤退?で中止にするんやけど、
今日に限って悪いほうに決断してしまう。
これが後々後悔することに・・・

6時に出発し予定通り穴虫~当麻寺~桜井と順調に。
24時間営業の桜井のオークワで補給&トイレ休憩後、地味にキツイ女寄峠を足を使い切らない程度に頑張っとく。
大宇陀道の駅はスルーし、これまた地味にキツイ栂坂峠をやっつけて、そこから一気にダウンヒルで曽爾高原の登り口まで。
トイレ休憩&補給後、曽爾高原へのアプローチ。何故かここの登り嫌いです。
今日はまだ力を残してるのにシンドイ。
単に通過するだけやから嫌やったら登らんかったらええのに、これもローディーの性か目の前の坂をみすみすやり過ごすことはできないっす(^^;)

今日もエエ天気です。
2015-05-01_1.jpg

写真だけ撮ってすぐに反対側に下る。
ここからすぐのハズが登って下って登ってフゥ~。
やっとこさ本日の目的地『ピッツェリア エ トラットリア レノン』に到着!
2015-05-01_2.jpg

11時オープンのところ10時半に着いてしまったんで外でボーとしてたら、
「外は暑いんでテラス席に座ってて待っててください!」って。
サイクルラックもあるしローディーには優しい!?お店です。

GWといっても平日のオープン時なんで僕1人の貸切状態。
2015-05-01_3.jpg

マルゲリータ+サラダ・ドリンクセット。
食レポは僕にはできないんで食べログにお任せしますが、とっても心地よい空間なんで今度は是非とも家族で行きたいな~(^^♪
2015-05-01_4.jpg

お腹も満たされたんでまだまだ走るで~!!
この時はこの先に悪夢が待ってるなんて露知らず(・_・)

すぐ近くの御杖の道の駅でドリンク補給して368号線で東へ。
松阪への登りも何とかこなして櫛田川に向けての下り。
美杉側とは違って松阪側は道も狭くて路面も悪い。
慎重に下ってると対向車が来たんで路肩の木の枝とかが散らばってるところにバイクを寄せて車をやり過ごしたと思った瞬間、カーンという甲高い音とともにいきなり背負い投げ?(゜o゜)
何が起こったかわからんくらいの一瞬の出来事。
けどバイクだけは!という気持ちでハンドルは離さんかった。
それでも路面に転がったときに右レバーをこすったのはわかったんでちょっとガーンその1!(T_T)

とにかく立ち上がって身体をチェックするもかすり傷一つ無し。
右太ももに砂汚れが付いたくらい。我ながらナイス受け身!

どうやら自転車がロックして身体が前に放り出されたみたい。
ほとんど止まりかけやったのに何が起こった???
ロックするとなるとホイールとフォークに枝が挟まった?
ホイールとバイクを恐る恐るチェックしてみるも挟まったらしき傷がない。
パッと見で振れもなさそうやけど、こけた時にフロントのブレーキゾーンに傷が入ったくらい。
ブレーキかけるとカシャカシャって音がする。ガーンその2!(T_T)
その場は道も狭いし木がうっそうとして薄暗かったんでまずは広いところまで下ろうっと。

下りでもブレーキのカシャカシャ音以外は問題なさそう。
途中ちょっとした登り返しがあったんでダンシングすると???
何か嫌な感じとクランク辺りから異音?
広くて明るい場所で自転車をじっくりチェックすると・・・



















2015-05-01_5.jpg

ガーンその3 il||li _| ̄|○ il||l  終わった・・・
お願いだから嘘だと言ってくれ~!!
_| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_

しばらく呆然としてたものの、ここは三重県。帰れるか、俺?
どうやらクランクとチェーンステーに硬い枝が挟まったみたい。
そのせいでクランクというかBBにも歪みがでて異音が出てるのかも。
クランク回してもわからん位なんで、ほんのちょっとした歪みなんやろ。
それよりも問題はチェーンステーのクラック。このまま走り続けることができる?
冷静に考えて輪行するにも電車がない、バスも??ヒッチハイク?
クラックの場所を良く見ると裏側は大丈夫だしカーボン積層が全部逝ってる訳ではなさそう。
さっきの下りでも挙動に変化は無かったんで行けるところまでゆっくり行こう!

方針決まったらここからは気持ちを切り替えて、無事に帰るために残り100kmオーバーのサイクリングを楽しもう!!
今回は不思議といつものネガティブ思考ではなく何とかなるやろというポジティブ思考が勝ってる。
それでもクランクを回すとチッチッっと音が聞こえるんで、あ~あ一瞬でうん十万が消えてしもた!まだ借金残ってるのに~!って頭をチラチラ横切るも166号線の気持ちイイ景色が僕の気持ちを救ってくれる(^^♪

高見トンネルへの道は後半だんだんと斜度が上がってきてキツくなってきた。
最後のループ橋があんなところに見える(>_<)
2015-05-01_6.jpg

ダンシングも極力封印しつつも何とかクリアしたら、今度は下り~って流石にスピードは出せんでしょ。
スピードが年齢を超えないようにブレーキをかけつつも、コーナーの段々ペイントの振動がむっちゃ嫌。
極力ペイントを外そうと路肩ギリギリに走ると小石が転がってるし、むっちゃ神経すり減らすわ。

帰りは女寄峠ではなくta2daさんに教えてもらった飛鳥へ抜ける大峠トンネルへ。
っていうか結構な劇坂ですやん(T_T)
確かに車は少なかったけど宮奥ダムと談山神社のダブル坂。
既に170km走ってきた身体にはキツ過ぎます(T_T) ダンシング封印してるし。

ペースも落としたけど何とか暗くなる前に自宅に帰ってこれました。
ラッキー?なことにクランクの歪みも徐々に戻ったのか途中から異音も消えたし。

走行距離220km 獲得標高3300m
トラブルあったけどよー走って登りました。 
2015-05-01高度

それにしても気分はここに表しきれんくらいなんで身体で表現しときます。
これにはバイクに対する「すべて俺が悪かった」の意味も込められております。
2015-05-01_7.jpg

追その1)
今回の件をどうやったら避けられたんか冷静に考えたんやけど、
・道幅は車1台が通れるくらい
・車は徐行してた(車に責任はないです)
・僕は対向するために左端に寄らないといけない
・枝が散らばってたんで止まれるくらいにゆっくり、且つクリートを外そうとしてた
・車をやり過ごしたんでクランクを回し始めて前転
枝が散らばってるもそこにしか行きようが無かったしほとんど止まってるくらいやったけど、あの場所でクランクを回してしまったのが悪かったんやろう。一旦止まってバイクをきれいな路面まで押してから乗るべきやったかと。
その前に悪い予感のするときは勇気ある中止判断を!(←これやね!)

追その2)
素人判断はダメですが多分補修できるんじゃないかなって楽観視してます。
それよりも財布のほうが・・・
BMCは近々入院させますがCAADもあるんでまだまだ走りまっせ!!

あの~慰めのコメントは不要ですので。
自分への戒めのために晒しました。
本人は既に立ち直ってますので(^^)v

コメントの投稿

非公開コメント

最近は

カーボンフレームの修復もかなり綺麗に出来るようなので大丈夫かと
それもかなりな破損でも。

以前にアヴェルに行った時、修復上がりのフレーム見ましたけど
「どこ直したの?」ってなくらいでしたから。

忘れてた

みんなに見られたら、罰ゲームが待ってまっせ( ; _ ; )/~~~

そうなんですよね

>ケルさん
100km以上も走れたくらいなんで多分修復可能だろうと。
ある意味CAADでなくて良かったかな。薄いアルミだと割れてジ・エンドだったかも。

罰ゲーム???何のことかわかりません┐(’ー’*)┌
あれはマウンテンで前転したのと一緒です!!(^^;

遠いけどここのピザ屋さんに家族を連れて行きますわ(^^;)

はぁ?

そんなんで、罰ゲーム終わったと思ってますん(¬_¬)

ここんとこの事故続きで気ぃつけやって言うててこれや(ー ー;)

何かあったら即連絡
それすら出来てないし(♯`∧´)
甘えるのと頼るのをゴッチャにしたらあきません。
Banditsは単なる仲間やおまへんで。
無事やったから良かったものの、ええ判断やとは言えません(♯`∧´)

1番冷静で大人な行動とって、見本見せてくれなアカンのぶさんが、いっちゃんアカン行動ですやん(ー ー;)

LINE強制されん内に出来るようになって下さいよ(¬_¬)

罰ゲームは、また考えます。
覚悟しといて下さい😜

これ以上

>ぐっさん
心配させて髪の毛抜けたら大変ですやんσ(^┰゜)

最後には頼りにしてまっせ、お頭(^o^)ゞ

うっ

今見た・・・
あ~ぁ・・・
無事でよかったね
気づいたのもよかったね・・
と、今はいっておこう

そういえば

>ta2daさん
ニューバイクお披露目してなかったですね。どうやらお見せすることなくお蔵入りになりそうです(>_<)
プロフィール

nobpman

Author:nobpman
のぶぴー
♂50代前半
174cm/57~58kg
自転車乗ったり、
たまにスキーしたり、
極々たまに渓流釣りしたり・・・

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
カウンター
検索フォーム
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ